新エリアドリガン 英傑の霊峰と紅き竜

新エリア ドリガンとは

高山地帯に囲まれた高低差の大きい新エリア

首都ドベンクルン

ドリガンの首都発展した独自の文化を持つ

ワールドボスガーモス

狂暴な紅き竜に立ち向かえ新たなワールドレイドボスが登場

シェレカンの墓

適正攻撃力220の狩場昼と夜で狩場のモンスターが変化する

レッドウルフの村

適正攻撃力160の狩場飢えたレッドウルフ族の村

トシュラ廃墟

適正攻撃力110~200密猟者により廃墟となった森

新エリア ドリガン

高山地帯に囲まれた新エリア「ドリガン」。今までのエリアよりも高低差が大きく、新しい体験を感じられるエリアになっている。

首都ドベンクルン

image image

首都ドベンクルンとは

ワールドボスガーモス

ガーモスは、ドリガンに生息していたドラゴンの中で一番体が小さかったが、そのずる賢さは比類の無いものだった。過去にシェレカン族により深い傷を負い眠りについていたが、レッドウルフ族により復活を遂げた。レッドウルフ族は献身的に供物を捧げ、ガーモスは以前と変わらない狂暴さを取り戻していた。ドリガンの住民たちは、乱暴な野生動物ぐらいに思っていたレッドウルフ族が、村を造り上げただけでなく、ドラゴンを目覚めさせたことに驚き、緊張を高めている。

シェレカンの墓

適正攻撃力 昼210 夜240

過去にドラゴンと勇敢に戦い滅びていったシェレカン族を称える場所が、この「シェレカン」の墓だ。中央にはシェレカンを模した巨大な石像がそびえたっている。古代学者たちはこのような巨大な石をどのように高山地帯まで運んだのか、という研究を盛んに行っている。昼と夜でモンスターが変化する高難易度の狩場のひとつである。

レッドウルフの村

適正攻撃力190

本来、灰色だった毛はガーモスの息を浴びて徐々に赤く染まっていった。彼らはガーモスを信仰し、戦利品を全て捧げているためいつも飢えており、この地域を一人で歩き回るのは自殺行為だと云われている。

トシュラ廃墟

適正攻撃力140

密猟者たちがグリーンドラゴンの珍しい緑色の卵を狙ってこの地を荒らしたため、いつからか森には奇妙な生物が出現するようになった。獲物を狙えなくなった密猟者たちは腹いせに森に火を放ち、あっという間に森は荒廃した野原となってしまった。灰になった地には溢れるほどの雨が降り注ぎ、ようやく雨がやんだ後、おぞましい沼地が現れたという。

image
image
movie
ドリガンの歴史はこちら
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
image
image
image
image